器械運動発表会

10月3日に中学部、4日に小学部の器械運動発表会が開催されました。

夏休み後に毎日マット・肋木・跳び箱・平均台など様々な種目に取り組んできました。

始めは怖くてなかなか活動に取り組むことができなかった児童生徒も、少しずつ自信をつけ前向きに活動に取り組むことができるようになりました。

発表会当日には全校生が見守る中、緊張しながらも力いっぱい演技ができ、児童生徒の満足気な表情をみることができました。

 

1011kikaitaisou11011kikaitaisou11011kikaitaisou11011kikaitaisou1

 

 

 

 

小野特別支援学校センター的機能研修会

 9月25日水曜日、小野市福祉総合支援センターで著書「教室で使える コグトレ」でお馴染みの立命館大学教授、宮口幸治先生をお迎えして研修会を行いました。市内の小中学校生徒指導担当の研修も兼ねて、市内小中学校・近隣の特別支援学校の先生方、保護者、本校職員等およそ70名で、問題行動の背景となる課題や、学習の土台となる認知面・身体面の支援について講演や、コグトレ棒を使って楽しく演習を行いました。

1001kogutore11001kogutore11001kogutore11001kogutore1

オペレッタ演技指導

 9月13日(金)中学部のオペレッタ練習に、「兵庫県立ピッコロ劇団」の劇団員である吉村祐樹さんが演技指導に来てくださいました。6月にエクラホールで開催されたピッコロ劇団公演「銭げば!」を鑑賞し、舞台芸術のすばらしさを体感した生徒たちは、吉村さんのアドバイスを一生懸命に聞き、練習終わりには「楽しかった!」と笑顔を咲かせました。吉村さんが教えてくださった“演技者が楽しむことが一番大切”という言葉を胸に、残り1か月の練習に取り組みます。ありがとうございました。

0913pikkoro20913pikkoro2

 

 

ふれあいフェスティバル ♪

2019operetta

2019年10月19日(土)

今年も開催します。ぜひお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【西遊記】(小学部22名によるオペレッタ)

合言葉は「やってみよう!」

みんなで力を合わせれば、どんなことでも乗り越えられる!

昨日の敵は今日の友。立場は違ってもきっと解り合える友となる。

さぁ、みんな一緒にやってみよう!

三蔵一行の辿る西国への道は、希望と絆の旅路だった・・・。

 

【あした しあわせ】(中学部15名によるオペレッタ)

このオペレッタを通じて伝えたいことは、自分が信じること。

できることをがんばっていれば、困った時、大変な時に誰かがきっと応援してくれる。

だから、希望をもって生きていこうということです。

わくわく、ドキドキ、見所満載・・・楽しい劇にするために毎日練習を頑張っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小野特の子どもたちが全力で演じる、令和初のオペレッタ。

乞うご期待!

 

 

 

絵画展示に係る兵庫県教育長感謝状贈呈式

 昨年度、第14回みんなのアート展において受賞した、中1組の酒井大樹さんの作品「不思議な世界―お菓子のよう精―」が、兵庫県教育長室に展示されることになり、8月19日(月)、兵庫県教育長から感謝状を授与されました。おめでとうございます!

0902 kaigatennjizouteisiki10902 kaigatennjizouteisiki1

 

 

サブカテゴリ